キレイな住宅街

食生活に注意する

マッサージされる女性

高脂血症とは、血液中の脂質の割合が高くなる病気です。血液検査をすれば簡単にわかります。血液中には善玉コレステロール、悪玉コレステロール、中性脂肪などの脂質が流れています。これらの脂質すべてが悪者という訳ではありません。コレステロールは、何かと嫌われ者ですが、ホルモンの材料となったり、細胞膜を作る大事な働きがあります。特に善玉コレステロールには、体内の老廃物を回収する働きがあります。 悪玉コレステロール値や中性脂肪値が高いのは、もちろんよくありません。高脂血症との診断を受けることになるでしょう。しかし善玉コレステロール値が低すぎる場合も脂質の異常です。善玉が少ないと、老廃物を引きはがして血管内をきれいにする力が弱まるからです。

高脂血症によって、血液内に脂質がたくさん流れこむと、どろどろして流れが悪くなります。悪玉コレステロールは血管壁に取り込まれてしまいます。ぺったりと貼りついているような感じです。これがたくさんあると、善玉の掃除も追いつかなくなり、だんだん血管が狭くなっていきます。 これでは血液を送り出す心臓に大変な負担がかかってしまします。これが動脈硬化、心筋梗塞の引き金になるのです。 もしも、脳の中の血管が狭くなるとどうなるのでしょうか。動脈は酸素と栄養も運んでいます。血管が狭くなることによって酸素も減ります。そうなると脳が酸欠状態を引き起こすのです。その結果、脳梗塞を引き起こします。 高脂血症は、ほとんどの場合自覚症状がありません。症状がなにもないので、そのまま放置してしまうと、動脈硬化を引き起こします。こちらも自覚症状がありません。自覚症状がないままに、心筋梗塞にむかって進むのです